長襦袢の洗い方

こちらの動画では長襦袢の洗い方を解説されています。

皮脂汚れがついていることが多いので、衿や袖口は特に丹念にチェックします。裾野チェックもおこなっていきます。汚れが目立つところを部分洗いしていきます。長襦袢のほとんどは皮脂汚れですので、固形石鹸で綺麗にしていきます。

洗濯機のコースは手洗いコースでも通常コースでも問題ありません。汚れの程度によってコースの選択をすることが良いかと思います。
その際の注意点は脱水を短めに行い、柔軟剤を忘れずにおこなって行くことが大事となっています。

干す場合にはお風呂場や風通しの良いところで陰干しをおこなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事