着物での美しくない仕草

着物での振舞いで、やってはいけない仕草やかっこ悪い仕草がありますので、それを理解して美しい立ち振る舞いを身につけることが重要だったりしますので紹介致します。

まず、大切なことは、着物を着用している時に大股を開いてはいけないということで、大股では着姿が美しくありませんから、意識して小股で歩くよう心がけます。着物を着用中の食べ歩きも、時と場によっては相応しくありませんので、しないように気をつけましょう。

足組みをしている方は多いかと思いますが、足組みは裾から脚が見えて汚いので控えるようにします。話題になっている車内での化粧も、相応しくありませんので、お化粧直しは化粧室で行うようにすることも重要です。

一般的な江戸しぐさとして無悲鳴仕草も心がけることが大切ですから、思いがけないことでも大声を出すのは控えて、慌てずに次の動作を行うことが必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事