雨の日の足袋

雨が降っている時は着物は雨コートを、草履は草履カバー、もしくは雨草履を履いて対策すると思いますが、それでも足袋はどうしても濡れてしまいます。
そこで雨の日には足袋自体にも濡れない為の対策をする必要があるのです。

おすすめなのが足袋の二枚履きで、1枚はコハゼ無し、もう1枚はコハゼのあるものを履くようにしてみてください。
そして上に履いた方の足袋がある程度濡れてきたら、その濡れた足袋は脱いで、もう1枚の足袋でそのまま過ごします。

出かける時に既に雨が降っていたらもちろんのこと、出かける時に降っていなくても雲行きが怪しかったり、雨が降るという情報があれば事前に二枚履きしてしまいましょう。
出来るだけ二枚履きしたくないという方は、予備としてもう1枚持っていくようにしても、もちろん構いません。

雨の日に着物で出かける場合に持っていくもの、身につけるべきものをまとめると、傘、雨コート、そして余分な足袋ということになります。
しっかりと対策を行なうことで、このように雨の日の着物も楽しめますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事