一人でもできる着付けを覚えて、和服ライフを楽しむ

着物や浴衣をもっと楽しみたいという場合には、ぜひ自分だけで着付けする方法を覚えて、和服のオシャレを満喫しましょう。

夏のイベントで着ることの多い、浴衣の着付けでは衿先の左右を持ち、持ち上げながら着丈を決めていきますが、くるぶしが見えない高さがちょうど良いポイントですよ。

上前を右の腰骨に合わせつつ開いておき、下前は腰まで入れたら上前を被せましょう。

紐できっちり結んだら、両脇からおはしょりを綺麗に整えておき、衿部分を持ちながら、片方の手で背中部分を引っ張って、首の後ろを拳一つ分くらい開けて衣紋抜きしましょう。

前衿を整えるときには、喉の凹みから指2本分くらい下の位置になるよう意識して、合わせましょう。

さらに紐で押さえたら、おはしょりの位置を腰骨に合わせて、帯を巻いて完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事