着物を自分で畳んでみよう!

着物を長く愛用したいなら着物や浴衣を綺麗に畳む事が大切ですから、着物の畳み方についてご紹介いたします。

右手側に着物の裾部分がくるように置いたら、左手で衿元の布がくるようにして、着物の裏側を膝の前に置き、手前から脇の縫い目を中央へと寄せて、おくみという中央線を自分側へと折り、裏地が見える状態にします。

両手で左側の布を奥から手前へと持っていき、ひっくり返しておいた裏地へと重ねたら、左側の脇の縫い目を軽く摘んで右側の脇線へと重ねるのです。

袂の方を折りたたむ時には、着物をずらして衿と衿を重ねたら、左側の袖を手前にある右側の袖に重ねたら、左側の袖を折り返して、手前の袖は下側へと折り返し、衿元を畳む時には三角形を意識すると良いでしょう。

浴衣の畳み方も着物の畳み方と殆ど同じですから、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事