着物が着崩れた場合は

着物を着る人はとても多いですよね、歩いている人の中で稀に着崩れしている人を見ます。いつでもそうなのですが、着物を着る時はいつも以上に最新の注意が必要なのです。着崩れは特に見苦しかったりしますので、着崩れの治し方をきちんと学びましょう。

外衿、内衿、身八口、裾、帯等崩れてしまう部分が多いです。
大体は、直す時は、直したい箇所の繋がっているところを優しく引っ張ることで直せますよ。
帯の場合は、帯締めができる方は一旦解いて、緩んだ分を後ろに持っていくといいのです、帯締めの結び方を覚えておいて損はないでしょう。また、緩みすぎた時の応急措置としてハンカチやガーゼを帯の中に重ね、落ちてくる帯を抑えることもできますよ。

着物の動いたりしたときに着崩れは自然と生じてしまいます。着崩れが起こった場合は、今のようなやり方を覚えて直せるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事