着物のマナーで立ち振る舞いを美しく

和服の中でも、振袖は未婚女性の第一礼装とされていますが、着物を着るなら着物に相応しいマナーを知っておくことで恥をかかずに済みますし、所作や立ち振る舞いが綺麗に見えますからオススメですよ。

振袖だけでなく着物を着た時に美しいと思われたいのであれば、特に姿勢に気をつける必要があり、歩く際には姿勢を正して内股で歩幅も小さくして歩くと、着崩れもなく綺麗です。

草履を引きずったりせず、地面がぬかるんでいたり雨の日には、裾をいつもより少し短くして、水はねに注意して歩きましょう。

椅子に座る時には、袖の袂を揃えてから斜めにゆっくりと浅く腰掛けて、袖に気をつけて飲食を行い、階段では袖を片手で持ち、もう片方の手で荷物を持ったら、一段づつ登るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事