振り袖の畳み方

これから成人式で着物を着ようかなと考えている方も多いと思いますが、あとになって畳み方が分からないと悩んでしまわないように勉強しておきましょう。

自分から見て襟を左に、裾を右に置いて下前から畳んでいきます。
おくみを返し、上前のおくみを下前のおくみに重ねて上前の脇縫いを下前の脇縫いに合わせます。

次に腰から上を畳む作業を行います。
襟を返して上前の襟を下前の襟に重ね、襟肩まわりはかたやまと襟の交点ともう一つのかたやまと、襟の交点をしっかり決めて半分に畳みます。
衿先と折山を左右に引いてシワがないように整え上前の脇縫いを下前の脇縫いに重ねます。
背縫いを引いて衣紋の辺りを三角になるように折りたたみ、整えてから袖をみごろに返します。
まずふりを折り上げ、裾を片山まで折り上げます。
袖とみごろを合わせてもって返し袖を整えて大きさをちょうどに折り上げ、襟を左右に引いたら終了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事